SIシミュレーション

トッブベージ > 成功例 > SIシミュレーション
           
10G高速バックプレーン基板:チャネルシミュレーション
【インタフェース】:SFP+
【標準 】:802.3ap
【周波数 】:10Gpbs
【SI状況】:

オプトデバイスから出力されて、子基板のICはその信号を受け入れた後で3.5inchの送りを通して 高速コネクターと接続します。それからバックプレーン基板へ行って11inchの送りを通して再度高速コネクターと接続することで もう一つの子基板へ行って4inchの送りが発生したらICへ入力することです。


10G高速バックプレ-ン基板:アイダイアグラム解析
【インタフェース】:SFP+
【標準 】:802.3ap
【周波数 】:10Gpbs
【SI状況】:

オプトデバイスから出力されて、子基板のICはその信号を受け入れた後で3.5inchの送りを通して 高速コネクターと接続します。それからバックプレーン基板へ行って11inchの送りを通して再度高速コネクターと接続することで もう一つの子基板へ行って4inchの送りが発生したらICへ入力することです。


タイミング解析
【インタフェース】:PPCバス,CPCI
【標準 】:共通クロック、CPCI仕様
【周波数 】:200M
【SI状況】:これは標準なCPCI構造を代表としての案件です。CPCIバス、PCIEバス、主要なICs、CPU:MPC7448、PCIブリッジ:MV64460 、I/O システム、200Mの最高限度も可能です。