EMC設計

トッブベージ > 成功例 > EMC設計
            
製品名称 インターネットプロトコルバージョン6コアルータスイッチ用基板でのEMC解
【ユーザー名】:北京の某大型通信企業
【製     品】:通信系インターネットプロトコルバージョン6コアルータスイッチ用基板。
【技術難点】:元の設計ではEMC要求をあまり考慮されていなかったことで、EMCテストをパスできず、市場の圧力から改版を迫られ、また時間も無かったため、全シンボルに対する修正,調整は許されませんでした。基板上のシグナルは最高3.125Gであり、いくつもの光ポートが存在。
【弊社対応策】:前期において原理図,PCB設計の検査を行い、現場において執務をし、短期間で修正任務を完了させました。
【結       果】:2006年2月、上海モル実験室でのテストをパスしたことをお客様からご連絡いただきました。

製品名称 某映像設備におけるEMCテストを問題なく通過
【ユーザー名】:蘇州の国内某有名映像通信企業
【製        品】:映像設備
【技術レベル】:RE  EN55022 CLASS B
【技 術 難 点 】:製品は相当に複雑であり、振動器の種類が多く、主要基板には10000余りのPINが存在し、インプット/アウトプットポートが豊富で、種類も多い:AUDIO、VIDEO、VGA、S端子、E1、232、422、485、イーサネット等20余り。
【弊社対応策】:部品の型選び、原理設計、結合シミュレーションアナリシス、PCB設計の研究をそれぞれ行い、また適当な囲いを補うことで、ケーブルを整えました。
【結       果】:

2005年5月、国内EMCにおいて権威のある機関「泰尔実験室」を通じてEN55022 CLASS Bに認定されました。


製品名称 某DSL設備におきまして問題なくEMCテストをパス
【ユーザー名】:北京の某有名データ通信企業
【製        品】:DSL設備
【技術レベル】:RE  EN55022 CLASS B
【技 術 難 点 】:元製品はある程度複雑であり、CLASS Bを超える非遮壁プログラムを要し、コストの抑制が厳しく、ハードウェアにおいて初の開発であり、原型はありませんでした。
【弊社対応策】:検査を行い、原理図を優れたものにし、部品の選定、結合シミュレーションアナリシス、PCB設計の研究を行いました。
【結       果】:

2005年4月、国内EMCにおいて権威のある機関「泰尔実験室」を通じてEN55022 CLASS Bに認定されました。


製品名称 某テレビ電話
【ユーザー名】:シンセンの某ネットワーク設備会社
【製        品】:テレビ電話端末装置
【技術レベル】:RE  EN55022 CLASS B
【技 術 難 点 】:消耗品であり、出荷量が多く、CLASS Bを超えるプラスチックケースを要し、コストの抑制が厳しい。
【弊社対応策】:検査を行い、原理図を優れたものにし、部品の選定、再度PCB設計を行いました。
【結        果】:

2004年8月、順調に深圳华通威専業EMC実験室を通じてRE EN55022 CLASS Bに認定されました。